葬儀

冠婚葬祭にはお祝い事や不幸事などがありますが、この儀式を行うには大きな費用が必要です。
結婚式は、招待客のご祝儀などで大半を賄えることができますが、葬儀は香典の額も抑えられることから、そのほとんどを負担しなければいけません。
この葬儀の費用の相場は、全国平均で約200万円と言われており、その内訳は、およそ半分が葬儀一式にかかる費用です。
一式は祭壇や棺などにかかるものですが、残りの1/4ずつが参列者への飲食接待や寺院への宗教的支払いです。

このような相場は、参列者の人数によっても変わってきますから、そのため内容をしっかりと把握しておくことが大事です。
また、相場を把握しておくことで予算も立てやすくなるので、ある程度調べておくことで余裕が出てきます。

結婚式はあらかじめ予定されているので、余裕を持って行うことができます。しかし葬儀は突然のことも多く、余裕のない人もいます。
無理に費用を算出することは、残された遺族への大きな負担にもなりかねません。このような事態を避けるためには、工夫をしながらそれらを抑えていくようにすることです。
その方法とは、冠婚葬祭用の互助会を利用する方法です。これは毎月積み立てていけるサービスで、万が一のときでも慌てず使っていくことができます。
また、葬儀一式にかかる費用を抑えていくこともできます。最近では、家族葬や火葬のみの直葬といったスタイルが増えています。
このようなスタイルは、シンプルさを基本としているので費用を安く抑えることができます。葬儀社でも事前見積りの説明会を行うところも多いので、気軽に相談していくこともできます。
縁起が悪いからと言って避けることはせず、しっかりと向き合っていくことで負担を抑えていくことができます。