お葬式

葬儀とは、故人をあの世に送り出すために執り行う儀式のことです。
世界的に見ると、その歴史は約5万年前に遡ります。
北イラクのシャニダール遺跡が現在確認できる最古のものだとされているため、最低でも約5万年前には葬儀という形が出来上がっていたと予想できます。
日本においては、古事記で確認できるアメノワカヒコが最も古いとされています。
日本神話の神である一人ですので明確なことは言えませんが、古事記は712年に献上されているため、その頃には確実に葬式は行われていたと考えるのが妥当でしょう。
その頃は、同じ地域に住む方々の共同体によって行われるのが一般的で、宗教的なつながりよりも地域のつながりで行われていたようです。

日本には固有の宗教である神道があります。
神道では土葬が一般的で、そのため昔は土葬による埋葬が一般的でした。
しかし、土葬となると土地が足りなくなる、土壌汚染が広まるというネックがあります。
そこで、仏教が日本に伝来したのと同時に火葬が行われるようになりました。
当時はまだ高貴な人々しか行っていませんでしたが、鎌倉時代以降は庶民の間にも火葬が広まっていきます。
現在は埋葬方法に対しては法律にて規制されているため、衛生上の問題などから火葬が一般的です。
土葬を希望する場合は特定の地域のみと決められているので、あまり選ばれていません。
ただ葬儀スタイルに関しては法規制はありませんので、故人や遺族の意志を尊重したスタイルで行うことができます。